横浜べイ・オーケストラ(管弦楽)追加メンバーを募集します。

■募集期日を延長しました……2014年4月30日締切

横浜クラシック音楽振興協会では、『横浜を音楽の都に』という夢の実現に資するため、下記設立趣意書の通り、『横浜ベイ・オーケストラ』を設立いたしました。

 ベイ・オーケストラでは、若い演奏家を育成すると共に、横浜における音楽愛好者の裾野を広げていくための様々な活動を行い、協会の掲げる理念を形にしていくための役割を果たしていく計画で、いわば協会の取り組みにおける中心的な存在としての活躍が期待されています。その任を果たすために主力メンバーは公開のオーディション等を行って選抜し、技術的にも国内トップクラスのオーケストラを目指していきます。
  今回は活動を軌道に乗せるまでの基礎固めの時期を担うメンバーを随意契約により募集し、各種演奏活動に携わっていただくこととしています。ベイ・オーケストラと振興協会の今後の発展を支える重要な役割になりますので、多くの意欲的な若い演奏家の皆さんの参加を期待しています。

【募集期間】
2014年 4月 30日まで
募集期間内でも定員に達した場合は、順次締め切りとさせていただきますので、ご了承ください。

【契約内容】
 横浜クラシック音楽振興協会の行う演奏会、及び演奏活動に参加していただきます。
 演奏活動は、それぞれの行事等の内容により、フルメンバーでの演奏とは限らず、抜粋されたメンバーでの演奏や、吹奏楽、少人数による室内楽の場合も含みます。
 演奏する楽曲は、クラシックの既製曲にとどまらず、現代曲や行事に合わせて編曲されたポピュラー音楽等も想定しています。
 当面の間、報酬は原則として行事ごとの収益分配による独立採算とし、金額はその都度定めます。
 行事ごとのリハーサルの他、演奏会に向けた集中練習に参加していただきます。
     ※リハーサルや練習への参加費は行事ごとの会計に含め、個別にはお支払いできません。
     ※リハーサルや練習は、概ね平日の夕方から夜間、横浜市南区内を中心に行います。
 演奏に参加するだけでなく、ベイ・オーケストラの維持・発展のために、宣伝、チケット販売、動員等を積極的に行っていただきます。
 (今回の募集は、設立趣意書における正規(B)メンバーに当たります。)

【契約期間】
   契約日より1 年間とし、更新は1 年ごとに行い、3回まで可能とします(更新を行うかどうかは、 双方協議による意思確認の上、個別に決定いたします)。但し、契約期間中に公開オーディションを受けていただき、正規(A)メンバーに移行した場合は、この限りにありません(将来的には、(A)メンバー主体の構成としていく予定です)。

【練習日程】
別途 お知らせします

【応募資格】
   1、プロとして演奏活動や後進指導等に携わる方(アマチュアの方は応募できません)
   2、応募時点で概ね35 歳以下の方(オーケストラへの所属は原則30 代までとなります)
   3、発足後、以下のいずれかに該当する方
     ・横浜市内または近郊に在住の方
     ・横浜市内での活動や練習に参加することが可能な方
      (交通費はお支払いできない場合も多いことを想定願います)
   4、ベイ・オーケストラのメンバーとしての技量と品格を備えている方
      (今回は演奏の録音と面接により審査いたします)

【募集楽器】
コントラバス 1名 ・ ホルン 2名 ・ サックス 1名

【応募方法】
以下の通り自身の演奏した楽曲の録音を用意し、申込書とともに事務局宛にご郵送下さい。

楽曲内容……課題曲及び自由曲1曲を演奏すること(打楽器は自由曲は必要ありません)
  ※伴奏者の手配、録音作業等はご自身で行って下さい。

 【課題曲】
  DOUBLE BASS:One movement from any J.S.Bach solo work

  HORN:Mozart Either horn Concerto(E flat major K417 orK495) .mvmt 1

  Sax:Glazounov concerto mvmnt 1

 【自由曲】
  協奏曲またはソナタの任意の一楽章、または単一の作品1曲
  ※演奏する曲のジャンルは、クラシックとします。

提出形式……オーディオCD、MD、カセットテープのいずれか
  ※メディア自体に名前と楽器名を記入して下さい(申込書同封)。
  ※曲中や曲間、楽章間での編集(切り貼り)は行わないで下さい。
  ※提出されたメディアは、返却いたしません。

録音審査の通過者には面接を受けていただきます。5月15日までに、審査通過者にのみ事務局から
日程等をご連絡いたします。郵送先、及び問合せ先は、下記の通りです。

  〒233 ー0013 横浜市港南区丸山台1-11-15 キンショービル3 F
  横浜ベイ・オーケストラ事務局   Tel:045-845-8200

  オーディション申込用紙はこちら

横浜ベイ・オーケストラ 設立趣意書

設立趣旨

 様々な困難に直面している現代社会においてこそ、人々に心の豊かさや安らぎをもたらす芸術分野の重要性は益々高まっていると言えます。音楽に携わる者にとっては、音楽のもたらす暖かい空気が人々の気持ちをつなぐ架け橋になってくれればと、切に願う日々です。そのような想いを胸に、私たちは先に『横浜クラシック音楽振興協会』を立ち上げました。
  協会では、『横浜』を愛する演奏家やファンの方々と共に『横浜を音楽の都に』を夢に、その実現に向けた志を共有しながら、音楽祭の開催を初めとする様々な活動をスタートさせています。そして当初から、取り組みの大きな柱のひとつとして、オーケストラと合唱団の設立・運営を掲げてきました。プロのオーケストラや合唱団の運営を通して、若い才能を伸ばしていくとともに、地域を音楽でいっぱいにする、まさに横浜を音楽の都にしていくための中核的な取り組みと位置づけています。
  このほど、その第一弾として、『横浜ベイ・オーケストラ』を設立する運びとなりました。発足当初は活動を軌道に乗せるための基礎固めの時期と位置づけ、市民にオーケストラの存在を知ってもらう活動などに力を入れていきます。今後は次第に公開選抜によるメンバーを増やしながら、ゆくゆくは横浜を、そして日本を代表する質の高い本格的なオーケストラとして、さらには地域の人々に愛され親しまれる身近なオーケストラとして、発展させていくことを目指していきます。
  私たちのこうした活動が、芸術・文化を重点的に推進する都市『横浜』の発展につながっていくことを、願って止みません。

目的

 横浜が世界から観光客を呼べる国際観光都市として発展していく一助になると同時に、『横浜を音楽の都に』という協会の夢を実現するため、オーケストラの活動を通じて、若い演奏家を育成すると共に、横浜における音楽愛好者の裾野を広げていくことを目的とする。

事業内容

一、定期公演
一、各種行事や派遣要請を受けての演奏活動
一、移動音楽教室等を通じた啓蒙活動
一、その他、前項の目的を達成するために必要な事業

運営方針

 発足当初は随意契約のメンバー(下記正規(B)メンバー)を中心にスタートするが、オーディションによるメンバー(下記正規(A)メンバー)を順次増やし、数年後には主力としての位置づけとする。
  定期公演のほか、さまざまな演奏活動の機会においては、本格的なクラシック音楽はもとより、一般市民に親しみやすい名曲という観点から、クラシックからポピュラー音楽まで差別なく選んで演奏していく。公演や演奏活動の場面に応じ、管弦楽や吹奏楽、室内楽編成での演奏も行う。そうした活動を通じて、技術的に高い評価を得るとともに、地域に親しまれる存在となり、結果的に、収益が上がるオーケストラ、協会の看板商品として活躍できるオーケストラに育てていくことを目指す。

組織

演奏者
■ 正規(A)メンバー
     公開オーディション等によって選抜されたメンバー
      ※所属できる年齢は原則として30 代まで(40 歳未満)とする
      ※契約は3年ごとに更新し、更新の際には(A)メンバーによる相互の投票や、公開オーディションに準じた
       レベルの審査を行う
■ 正規(B)メンバー
     正規(A)メンバーの不足するパート等において、随意契約により登録されたメンバー
      ※所属できる年齢は30 代まで(40 歳未満)とする
      ※個別に技量等の審査を行う
      ※契約は1年ごとに更新し、計3回(4年間)までを限度とする
      尚、特殊楽器や、特殊な編成のために必要な楽器等の場合、公演や行事ごとの契約も可能とする
■ 特別メンバー
     協会が必要と認める重要なポジションなどについて、協会から委嘱して契約するメンバー
     (当面、コンサートマスターなどを想定)
■ エキストラ
     公演や行事ごとに不足するパートがある場合に臨時に契約するサポートの演奏者

事務局
   横浜クラシック音楽振興協会内に置く